1. HOME
  2. » 保育士専門 お悩み解決コラム
  3. » フリーランス保育士という働き方

No.55 フリーランス保育士という働き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な業種で見受けられるフリーランスという労働形態。それは、幼い子供たちを見守る保育士という職務でも可能な働き方であると言えます。フリーランスとして保育士を務める場合、具体的にはどのような働き方となるのでしょうか。見ていきたいと思います。

フリーランスとは

そもそも「フリーランス」とは、どのような労働形態を指すものなのでしょうか?
簡略的に答えるならば、特定の企業に属さず個人でビジネスに取り組む働き方になります。
一般的な保育士の場合、保育園あるいは幼稚園といった保育施設に雇用されて職務に当たることが主でしょう。
それと異なりフリーランス保育士の場合は、あくまで個人事業として保育を務めることになります。

フリーランス保育士の働き方

個人事業として保育に携わるとは、どういうことなのでしょうか?
具体的なフリーランス保育士の働き方を見ればそのイメージが付きやすいかもしれません。

主な働き方としては、次の3通りが挙げられます。

(1)保育施設で働く
フリーランスという立場で、保育施設の業務に携わることを指します。施設に所属しない保育士となるので、1つの保育施設で継続的に職務に当たることはなく、短期就労が主となるでしょう。そのため担当クラスを持つことはまずありません。他の保育士のサポートをメインとする業務内容となります。
特定のクラスを持たないものの、柔軟かつ幅広い対応が取れる立場で保育士として働くことができるでしょう。
(2)ベビーシッター
保護者が子供の世話にかかれない時間帯に保護者に代わって保育を行うのがベビーシッターという仕事です。主に預かるお子さんの自宅で保育に当たることとなります。
昨年時点、保育施設の定員の空きが少なく、希望しても入園できない待機児童の増加が問題視されています。その影響から、ベビーシッターへのニーズが増加傾向にあります。フリーランス保育士としての活躍の場として注目されている働き方と言えるでしょう。
(3)子供に関連する事業
保育士としての知識や経験を活かし、保育現場以外にも取り組みの幅を広げる働き方も可能と言えるでしょう。例えば、子育てに関する情報を発信するライターや保育士向けの研修講師などが挙げられます。
保育士として長年勤務されてきた方にとっては、そのキャリアを充分に活かすことができる働き方と思われます。

フリーランス保育士になるには

保育士の資格という条件を満たしていれば、フリーランス保育士を始めることができます。しかし、保育士としての実務経験を積み、必要な能力をしっかり身に付けていなければ、実際に収入を得ていくのは困難となるでしょう。
始め方としては、人材派遣会社への登録もしくは個人事業主としての開業の2通りが挙げられます。
元保育士あるいは元幼稚園教諭など、かつてキャリアを積んでこられた方がフリーランスとして保育の場に復帰するというケースが多いようです。

■まとめ
以上のように、フリーランス保育士とは、特定の保育施設に所属せず個人として保育士業務に取り組む働き方であることを見てまいりました。保育士不足が懸念される昨今、注目を集めている働き方と言えるでしょう。
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ保育士求人

正社員株式会社パソナフォスター 大阪大学まきば保育園
大阪府 株式会社パソナフォスター 大阪大学まきば保育園
施設保育園
大手法人で安心♪大阪大学まきば保育園の求人です!
【募集職種:保育士】
大阪府茨木市美穂が丘4-5(大阪大学吹田キャンパス内)
正社員株式会社パソナフォスター キッズハーモニー・なかのしま
大阪府 株式会社パソナフォスター キッズハーモニー・なかのしま
施設保育園
大手法人で安心♪キッズハーモニー・なかのしまの求人です!
【募集職種:保育士】
大阪府大阪市北区中之島1-3-20 大阪市役所本庁舎1階
正社員ぬくもりのおうち保育株式会社 ぬくもりのおうち保育 桜川園
大阪府 ぬくもりのおうち保育株式会社 ぬくもりのおうち保育 桜川園
施設保育園
自社保育園でお子さんを預けながら勤務可能!未経験もしっかりサポート!
【募集職種:保育士】
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目13-23 メゾンパシフィック 1F

おすすめコラム

保育士になった今、プラスの資格を取得したい
No.56 保育士になった今、プラスの資格を取得したい

保育園で子供たちと接するのが保育士の仕事ですが、子供たちと一緒に関わる時間があっても、必要なスキルをプラスしておくと仕事の面において範囲が広がり、知識が豊富だと活躍の場が出来ます。今回は保育士にプラスする資格について紹介しましょう。

続きを読む
保育士の資格を生かしてできること
No.58 保育士の資格を生かしてできること

共働き世帯の増加と保育所不足により、保育にまつわる仕事も多様化が進みました。保育園の保育士以外でも、保育士の資格は多くの場所で生かすことができます。一部をご紹介しましょう。

続きを読む
保育士ってどれくらい忙しいの?
No.17 保育士ってどれくらい忙しいの?

今、保育士に求められる役割は待機児童解消の立役者になることや、子どもたちの成長を助けることなど、社会的なニーズから保護者からの要望など多岐にわたります。今回は、なぜ忙しいのか仕事内容から見ていきましょう。

続きを読む
保育士の寝かし付けテクニック
No.16 保育士の寝かし付けテクニック

保育園ではお昼寝がスムーズにできず、ぐずってしまう子も多いのではないでしょうか。そもそも、なぜお昼寝が必要なのか?保育士さんはどのようにして寝かし付けを行っているのか?そのテクニックとお昼寝の必要性をご紹介していきましょう。

続きを読む
保育士の職業病「坐骨神経痛」の予防法について
No.13 保育士の職業病「坐骨神経痛」の予防法について

保育士にとって職業病と言われる腰痛は深刻な問題です。今回は、腰痛が悪化しておこる「坐骨神経痛」にならないための予防法について考察していきましょう。

続きを読む
保育士の声枯れはなぜ起こる? 原因と手軽に出来る喉のケア
No.15 保育士の声枯れはなぜ起こる? 原因と手軽に出来る喉のケア

声を使うお仕事の方は大概経験がある「声枯れ」。保育士さんも日々子ども達への声掛けで、喉を酷使して声が枯れてしまうことありますよね? 今回は「声枯れ」の原因や治し方などについて、ご紹介していきたいと思います。

続きを読む
理想の職場を見つける
保育士求人・転職情報ほいくしジョブ(保育士ジョブ)】をご覧の方へ

ほいくしジョブ(保育士ジョブ)は、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いたします。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちほいくしジョブ(保育士ジョブ)がヒアリングをもとに、より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。
「保育士」という職業は、幼い頃に保育士さんが優しく接してくれて憧れを抱き、憧れが将来の夢と変わって保育士を目指す方、学生時代に先生から進路相談した際に保育士という選択肢を提示されて保育士を目指す方が多数いらっしゃいます。
2020年10月に13歳のハローワーク(Webサイト)が掲載している、中高生を対象とした人気職業ランキングで保育士は100位中11位(前回9位)でランクインし、現在も特に女性人気の高い職業となっております。
ただ、待機児童問題が大きく取り上げられているように、保育士として働く方の減少(保育士不足)が世間にも広まってきている状況です。
ただし、待機児童解消加速化プランもあり、昨今は共働きしているご家庭も増えてきている中でお子様を預ける親御さんとしても保育園を「選ばれる」から「選ぶ」という傾向に変わってきております。
そのため、キャリアアップを目指す方にとっては絶好のチャンスが来ております。
保育士として働くとなると、園内の雰囲気だったり、保育士同士の挨拶やコミュニケーション・連携が大事になってきます。
学生時代や資格講座などで保育士の資格取得後、ご結婚・ご出産・ご転居などをされてブランクのある方、保育士として働く上で園内の雰囲気、高給与、園内の環境・設備の充実さ等、保育士としての軸は個々によって変わってきます。
現在のキャリアよりも1ステップ、2ステップアップ出来るように弊社キャリアアドバイザーが保育士としてあなたが働く上でのご希望条件、保育士としての軸をお伺いして、転職活動の支援・サポートをさせていただきます。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »